観光モデルコース

長野駅と別所温泉を結ぶ旅(善光寺と北向観音 長野駅出発)
善光寺と北向観音をめぐる両参りの旅

長野に来たなら、やっぱり善光寺を参拝ですよね。 日本において仏教が諸宗派に分かれる以前からの寺院であることから、宗派の区別なくどなたでも受け入れてくださる寺院なんですよ。 一寸先も見えない暗闇の中を手探りで進み、やがてご本尊様の真下に懸る「極楽の錠前」に触れる『お戒壇巡り』を、是非体験してみてください。 また、本堂が善光寺と向かい合う形で建っている北向観音は厄除け・開運の現世利益を授けてくれます。 極楽往生を願う善光寺と現世の利益を願う北向観音の両方をお参りしましょう。

所要時間・運行時期等

所要時間 5時間
運用時期 4月1日~11月30日
料金 スタンダードタクシー:23,800円
アルファード:24,300円
ジャンボタクシー:34,900円
対象人数 スタンダードタクシー:最大4名
アルファード:最大5名
ジャンボタクシー最大8名
目的別 長野駅 → 温泉
ジャンル 別所温泉
エリア 東信州エリア

観光モデルコース説明

善光寺

♥ 731

日本最古の仏像とされる阿弥陀如来像をご本尊とする、日本屈指の大寺院。創建は約1400年前と古刹中の古刹で、天皇の勅願で本田善光卿が開山したのが名前の由来です。 誰でも分け隔てなく、宗派の別なく宿願が可能な、無宗派の霊場です。特に、古くから男女平等の救済で知られ、現世安穏と極楽往生をもたらす仏様として、女性の篤い信仰を集めてきました。

詳細はこちら

北向観音

♥ 663

善光寺は極楽浄土という来世へのご利益があり、北向観音は現世へのご利益がある、そして善光寺は南を向いており北向観音は北を向いて向き合っているのであるから片方だけでは片詣りといわれ、両方お詣りすることが必要になるといわれています。

詳細はこちら

目的から探す

ジャンルから探す

所要時間から探す

エリアから探す