観光モデルコース

高山温泉から長野駅への旅(善光寺と小布施)
一生に一度は参れ善光寺!歴史ある街並みを訪ねて

長野に来たなら、やっぱり善光寺を参拝ですよね。 日本において仏教が諸宗派に分かれる以前からの寺院であることから、宗派の区別なくどなたでも受け入れてくださる寺院なんですよ。 一寸先も見えない暗闇の中を手探りで進み、やがてご本尊様の真下に懸る「極楽の錠前」に触れる『お戒壇巡り』を、是非体験してみてください。 葛飾北斎が晩年過ごした小布施。 岩松院では畳21畳にも及ぶ北斎の大作、八方睨みの鳳凰図を見上げます。 弘法大師が栗を三粒撒いたことから、栗の名所となった街。 おいしい栗菓子などのスウィーツもオシャレな雰囲気で楽しめます。

所要時間・運行時期等

所要時間 5時間
運用時期 4月1日~11月30日
料金 スタンダードタクシー:28,000円
アルファード:28,700円
ジャンボタクシー:47,000円
対象人数 スタンダードタクシー:最大4名
アルファード:最大5名
ジャンボタクシー最大8名
目的別 温泉 ⇒ 長野駅
ジャンル 高山温泉
小布施
善光寺
エリア 北信濃エリア

観光モデルコース説明

善光寺

♥ 1571

日本最古の仏像とされる阿弥陀如来像をご本尊とする、日本屈指の大寺院。創建は約1400年前と古刹中の古刹で、天皇の勅願で本田善光卿が開山したのが名前の由来です。 誰でも分け隔てなく、宗派の別なく宿願が可能な、無宗派の霊場です。特に、古くから男女平等の救済で知られ、現世安穏と極楽往生をもたらす仏様として、女性の篤い信仰を集めてきました。

詳細はこちら

北斎館

♥ 1819

浮世絵師・葛飾北斎の美術館です。 ここは小布施で描かれた肉筆画、画稿、書簡などを元に開設したものです。 版木で摺られた錦絵とは違い、掛け軸、屏風、肉筆画など、すべて他 に同じ物は一つとしてない一枚なのです。

詳細はこちら

岩松院

♥ 1813

戦国の武将福島正則や葛飾北斎、俳人小林一茶ゆかりの古寺でもあり、 境内には福島正則の霊廟や一茶が「やせ蛙まけるな一茶これにあり」という句を詠んだ蛙合戦の池があります。 本堂の大間には21畳敷の天井絵があります。 葛飾北斎最晩年の大作「大鳳凰図」です。完成は今から160年以上昔の嘉永元年(1848)、北斎は89歳でした。 本堂の天井を実際に舞っているかのような迫力の「大鳳凰図」は八方睨みの鳳凰ともいわれその鋭い目はどこからみてもこちらを見据えます。

詳細はこちら

雷滝

♥ 2078

落差30メートルの豪快な滝の音と水しぶきを感じることができる。 滝の裏側からみる事ができるため、別名「裏見の滝」と呼ばれている。

詳細はこちら

目的から探す

ジャンルから探す

所要時間から探す

エリアから探す